会社沿革

COM電子開発ヒストリー

平成27年
2015年
4月
建設業電気通信工事業許可(般-27)第51076号を取得   
平成26年
2014年
2月
福島第一原発事故の汚染水対策事業に参画   
平成24年
2012年
6月
創立40周年を迎える
3月
大気圧プラズマ評価装置を開発   
平成23年
2011年
7月
社員持株会設立   
平成22年
2010年
4月
ISO27001認証取得
平成21年
2009年
4月
製造、検査エリア静電気対策床工事完成
2月
コアリッション2009出展
平成20年 2008年 10月
技能五輪全国大会出場(開催地 千葉、東京)
3月
技能五輪全国大会出場(開催地 千葉、東京)
2月
コアリッション2008出展
平成19年 2007年 2月
コアリッション2007出展
2月
彩の国ビジネスアリーナ2007出展
平成18年
2006年
5月
本社工場を埼玉県日高市に移転
2月
スーパーアリーナ展示会出展
平成17年
2005年
10月
 技能五輪全国大会出場(開催地 山口県)
3月
 ~9月IMTS軌道制御装置を愛知万博会場に設置・稼動
平成16年
2004年
12月
ISO14001:1996認証を取得
10月
技能五輪全国大会出場(開催地 岩手県)
6月
名古屋大学と共同で知的クラスター創成事業・ナノテクノロジー(自律型ナノ製造装置)開発プロジェクトがスタート
平成15年
2003年
10月
ISO9001:2000認証を取得
1月
理化学研究所RIPS入射系プロジェクトに参加
平成14年
2002年
12月
理化学研究所放射線安全管理システムの開発に着手
平成13年
2001年
3月
航空機コックピット用CRTエージング装置の開発
平成12年
2000年
4月
FEDパネル評価試験用電源開発
平成11年
1999年
3月
カラーPDPエージング装置の開発に着手
平成10年
1998年
8月
化粧品自動計量システムを開発
平成 9年
1997年
12月
焼却炉ダイオキシン対策装置実験試験を開始
平成 8年
1996年
8月
CRT自動検査装置を設置
平成 7年
1995年
9月
建設業電気工事業許可(般-7)第51076号を取得
平成 6年
1994年
12月
NHKがDASシステムを導入
平成 4年
1992年
4月
資本金を4,575万円に増資
12月
逆走式ストーカ焼却炉制御盤開発
平成 3年
1991年
4月
株式会社シンケンを吸収合併 資本金を3,400万円に増資
平成 元年
1989年
2月
社名をCOM電子開発株式会社に変更
本社を埼玉県入間市に移転
昭和63年
1988年
6月
資本金を2,000万円に増資
昭和61年
1986年
12月
有機金属化学気相成長法MOCVDの自動制御装置を開発
昭和59年
1984年
10月
日本原子力研究所He3出力可変自動制御装置を開発
昭和58年
1983年
9月
資本金を1,000万円に増資
昭和56年
1983年
4月
受像管自動検査装置を開発
昭和47年
1972年
6月
NIKE地上射撃装置のオーバーホール業務を開始
王子電機株式会社の電子事業部門を独立させ王子電波工業株式会社として新会社を本社所在地・埼玉県浦和市に資本金500万円にて設立
昭和25年
1950年
2月
王子電機株式会社を設立
Copyright (C) 2007 COM Electronics Development Co.,Ltd. All Rights Reserved.