Visual C++とは

Microsoft Visual C++(マイクロソフト ヴィジュアル シープラスプラス)とはマイクロソフト製のC、C++、C++/CLI用統合開発環境 (IDE)であり、コンパイラやデバッガを含む。通称VCあるいはVC++、MSVCなど。前身はMicrosoft C/C++などである。
事実上のWindowsの標準開発環境で最適化性能は高い。VC++ 7.1 (.NET 2003)からは標準C++への準拠度も高いことで知られている。 いくつかエディションが存在し、以前は上位エディションしか最適化をサポートしていなかったが、Visual C++ 2005から基本的な最適化は全てのエディションにおいて行えるようになった。(2005で導入されたプロファイリングに基づく最適化 (PGO)は上位エディションのみである) Visual C++ 2005では、いくつかの最適化オプションが廃止、あるいは非推奨とされた。(時代遅れとなったものも含まれる)
Visualとついているが、Visual Basicなどと違ってRADではなく、基本的にはWindows SDK (Windows API)やMFCを使用してプログラムを作成することになる。(ただしダイアログエディタでウィンドウデザインを行うことは以前からできた)しかし、後述するマネージ拡張C++或いはC++/CLIを使用して開発する場合は、フォームエディタを始めとしたC#やVB .NETのようなRADが使用でき、「Visualでない」と言われるのも過去のことになるかもしれない。

Copyright (C) 2007 COM Electronics Development Co.,Ltd. All Rights Reserved.